ご利用者様が継続的に食事ができるように口腔内の衛生をたもつように「経口摂取」「口腔ケア」の強化に取り組んでいます

介護老人保健施設 神奈川苑

 基本理念

   リハビリ訓練を必要とする利用者様へ毎日を、楽しく美味しく元気にをモットーに「暖かな心と手の

ふれあい」を基本理念として、安全に配慮しながら生活機能の維持向上を目指し、総合的に援助をし自立支援、家庭復帰を支えていきます。 

 

理事長 紺野 勉 ご挨拶

 

    施設はご利用者様の尊厳を守り、自立した生活が営めるよう安心・安全に

配慮しながら、生活機能の維持、向上に努め総合的に支援します。

    また、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練、その他必要な医療面で、日常生活上の支援を行う地域密着型の施設です。

    短期入所、通所リハビリテーション等による在宅ケア支援に取り組み、

早期の在宅復帰をめざすとともに地域との結び付きを重視した開かれた施設を

めざします。

施設長 安竹 重幸 ご挨拶

 

 社会の高齢化に伴い入院治療を要するお年寄りの数は年々増加しています。加齢と共に多くの病気を発症し、また身体機能の低下のため転倒・骨折などの

外傷が増えることはやむを得ないことと思います。一方、病院の入院期間は

とても短くなりました。これは最近のめざましい医療の進歩と共に、国の

医療政策によるものです。しかし高齢者の中には退院が決まっていても筋力低下のため自宅の生活に戻れない方が多くおられます。神奈川苑は病院と在宅生活の中間施設です。日常の生活介護と共にゆっくり時間をかけてリハビリテーションを行い自立した生活を目指します。そして住み慣れた地域へ戻っていただくこと

                を願っています。 私たちはスタッフ一同、皆様のお手伝いをいたします。